酒好きデンの徒然オムニバス

ボケ防止にあいうえお掛け合いを毎日更新します!他にはダイエットレシピや散歩記録を投稿予定です!

MENU

【新撰組ファンの聖地!】日野八坂神社を参拝しました

どうも、デンです。

今回は日野八坂神社の参拝記録です。
当神社は東京都日野市に鎮座する神社です。
当社には後に新撰組局長となる近藤勇沖田総司など天然理心流の門人らが奉納した剣術額が現存しています。
そのため、新撰組ゆかりの神社として知られ、ファンの間では聖地となっています。
日野駅新撰組をアピールしています。

「誠」は新撰組の隊旗に書かれていた文字だよ!

御由緒

境内掲示板より
創立年代は不詳であるが、むかし日野本郷の多摩川の流れに沿って土淵という深淵があり、それでこの付近を土淵の庄と云ったが、あるとき多摩川洪水の後、数夜にわたってその淵に何か怪しい光るものがみえたと云う。里の老翁がこれを拾い上げたところ、金色燦然とした牛頭天王の神像であったため、里人は歓喜してこれを勧請し、祠を建立、鎮守として祀ったのが当八坂神社の起源と云われ、五穀豊穣・疫病除け・子孫繁栄に霊験無双の神なりとしてある。
 本殿は、寛政一二年(1800年)に完成したもので、様式一間社造り、屋根は流れ造りで、正面に千鳥破風・軒唐白木彫りの彫刻垂木の組物等、建築技術の粋をつくした絢爛華麗な江戸後期の典型的な社殿(本殿)建築である。この本殿には、安政五年(1858年)に天然理心流近藤周助の門人達により奉納された額があり、欅板に大小二本の木刀が架けられている。
 例大祭は、毎年九月、盛大に行われ、特に「千貫みこし」とよばれる神社神輿の渡御は都内、近県でも有名な神事で、絢爛豪華な祭絵巻が繰り広げられている。

鳥居

大きくて立派な石造りの鳥居で、甲州街道に面しています。
扁額には「八坂社」の文字。

天然理心流奉納額

鳥居の左手前にあります。
最後に「嶋崎勇」とあるのが後の新撰組局長「近藤勇」であり、最後から2番目に「沖田惣次郎」は後の新撰組一番隊組長「沖田総司」です。

◆天然理心流◆
寛政年間(1789年~1800年)に近藤内蔵之助が創始した武術で、剣術、居合術柔術、棍法(棒術)、活法、気合術等を含む総合武術。
幕末期には天然理心流四代目宗家の近藤勇と、門人の土方歳三沖田総司井上源三郎らが京都において「新選組」を結成した。

旧御神木

鳥居をくぐってまず目につくのが大きな切り株です。
見た感じの大きさから、切られる前はかなりの大木だったことが伺えます。

手水舎

鳥居をくぐって右側にあります。
2010年に建立されたものです。

社殿

手水舎の左手奥に鎮座しています。
神社の社殿としては少し変わった感じで、一見倉庫のようにも見えますが、これは覆殿(おおいどの)といって本殿を保護するものです。
中の本殿の写真は撮りませんでしたが、立派な彫刻が施されていました。

狛犬

社殿の前に一対の狛犬がいます。
大正4年に奉納されたもので、性格が穏やかそうな雰囲気を醸し出しています。

境内社:八幡社

社殿の左手にあります。
彫刻も施されている立派な境内社です。
鶴岡八幡宮から勧請されたものとのことで、青面金剛像と弁財天像が納められているようです。

境内社:山王社

八幡社の手前にあります。
周りのアジサイも綺麗です。

筆塚

境内の一角に置かれています。

◆筆塚◆
江戸時代に庶民の教育機関であった寺子屋や家塾で、読書算や実務教育を教わった教え子が、師匠が死んだ際にその遺徳を偲んで、自分たちで費用を出し合って建てた墓である塚、または供養塔。

イモリ(?)発見

鳥居をくぐると大きな石灯籠があるのですが、その中に生き物を発見しました。
写真に撮ったのですが、ほとんど見えません...

社務所

こちらで御朱印をいただきました。
鳥居をくぐって社務所と社殿を見た景色です。境内が広々としていることがわかります。

御朱印

今回はスタンダードな御朱印をいただきました。カラフルです。
色んな種類の御朱印がありました。

所感

東京都日野市に鎮座する日野八坂神社を参拝しました。
境内は広く落ち着いた雰囲気で、境内のいたるところで歴史を感じることのできる素敵なパワースポットでした。
私は土方歳三が主人公の時代小説燃えよ剣を読んでから新撰組のファンとなり、それ以降関連する小説を結構読みました。
私と似たような方も結構多いのではないでしょうか?
新撰組がお好きな方は是非参拝してみてください。
また、現在日野市では毎年「ひの新撰組まつり」も開催されているようです。
お祭りに合わせて参拝するのもアリですね!

www.city.hino.lg.jp

アクセス

住所
東京都日野市日野本町3丁目14−12
JR中央線 日野駅 徒歩4分
駐車場なし